ポケットに文庫本を

アクセスカウンタ

zoom RSS 購読・再読・積読 2014

<<   作成日時 : 2014/12/31 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今年は年明けからしばらくは記事をアップしていましたが、6月からは更新できなくなり、結局、年末まで復活できませんでした。

昨年取得した資格を生かすべく、準備に費やす時間が多くなり、読書は細々と続けていたものの、記事にする時間が取れませんでした。

そんな中で、今年1年間で読んだ本は合計72冊でした。

昨年もそうでしたが、今まで読んできた作家の作品を読む機会が減るので、新しい作家に手を広げるのはやめようと思いつつ、結果的に、今年は今まで以上に多くなってしまいました。

数えてみたら、何と15名の作家が新たに本棚に加わり、その影響で、大好きなサラ・パレツキー、スー・グラフトン、パーネル・ホールを始め、大沢在昌、今邑彩、辻村深月なども今年は読んでいませんでした。

新しい作家の本を買い集めたことにより、さらに積読本が本棚に溢れて部屋がカオス状態でもあるし、とにかく来年は新しい作家に手を出すのは極力避けようと思います。

−−−−−

さて、このような新しい作家に手を出すきっかけの一つに、「書籍の映像化」があります。

最近はテレビ用のストーリーを構築するのではなく、安易に人気作家の作品を使った映像化がとても多くなりました。

原作を補完してくれるような映像化なら良いのですが、腐ったキャスティングやストーリーの改ざんなど、映像化のメリットよりデメリットの方が大きいというのが実感としてあります。

もちろん見なければ良いのですが、書店の売り場における宣伝の暴力で、大なり小なり、原作と異なるイメージを強引に刷り込まれてしまうので、映像化の情報を得た場合、先に自分のイメージを構築すべく、速やかに読むことが必要となります。

例えば「宮部みゆき」や「湊かなえ」などは以前から気になっていましたが、両者とも著作数も多く、後回しにしていた作家でした。

しかし、宮部作品の中でも一番読んでみたかった「ソロモンの偽証」が来年映画化されることになり、また、既に多くの作品が映像化されている湊作品に残された、数少ない未映像化作品の「Nのために」がドラマ化。

こうなると、やはり映像化の前に読みたいということで、手を出してしまいました。

いつも映像化には否定的なことを書いていますが、私も、若い頃は映画館に足繁く通う映画ファンだったし、きちんとした俳優によるキャスティング、原作に忠実なシナリオであれば、原作イメージの補完としての存在意義はあると思っています。別に「映像化」を全て否定しているわけではないのです。

「Nのために」は、読み終えてから、TVドラマも面白く観ましたし、「ソロモンの偽証」も、来春の映画は観に行こうと思っています。

ただ最近は、ジャニタレや、お笑いタレントといった「ナンチャッテ俳優」や、某泉洋だの、某力彩芽のような、ふざけたキャスティングが多いので、否定的にならざるを得ないのです。

そんなわけで、来年も、映像化対策で、後回しにしていた作品を読むことも多くなりそうですが、それよりも問題は、記事にする時間を作ることです。

読んだ本の備忘録的に始めたブログですが、読んだのに書いてない本が山のようにあり、それを記事にしようとしたら再読必至な状況です。まあ、再読するのは大好きなので、ボチボチ記事にしていこうとは考えていますが…。

ということで、2014年、当ブログにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。

−−−−−−−−−−

<2014-年間読書リスト>
※感想をアップしてあるものはリンクを貼ってあります。

01 交錯 / 堂場瞬一 (満足度4 ★★★★

02 ススキノ、ハーフボイルド / 東直己 (満足度4 ★★★★)<再読>

03 駆けてきた少女 / 東直己 (満足度4 ★★★★)<再読>

04 熾火 / 東直己 (満足度4 ★★★★)<再読>

05 岳物語 / 椎名誠 (満足度5 ★★★★★)<再読>

06 続・岳物語 / 椎名誠 (満足度5 ★★★★★)<再読>

07 隠蔽捜査 / 今野敏 (満足度5 ★★★★★

08 ボックス!(上) / 百田尚樹 (満足度5 ★★★★★
09 ボックス!(下) / 百田尚樹

10 母恋旅烏 / 荻原浩 (満足度3.5 ★★★☆

11 ビブリア古書堂の事件手帖 5 / 三上延 (満足度5 ★★★★★

12 死体農場 / パトリシア・コーンウェル (満足度2.5 ★★☆)

13 櫻子さんの足下には死体が埋まっている / 太田紫織 (満足度3 ★★★

14 警官の条件 / 佐々木譲 (満足度4.5 ★★★★☆

15 チムニーズ館の秘密 / アガサ・クリスティー (満足度4 ★★★★)<再読>

16 キネマの神様 / 原田マハ (満足度5 ★★★★★

17 ルピナス探偵団の当惑 / 津原泰水 (満足度2 ★★)

18 浅田真央 さらなる高みへ / 吉田順 (満足度3 ★★★

19 浅田真央 そして、その瞬間へ / 吉田順 (満足度3 ★★★

20 スコッチに涙を託して / デニス・レヘイン (満足度2.5 ★★☆)

21 おやすみラフマニノフ / 中山七里 (満足度4 ★★★★

22 浜村渚の計算ノート / 青柳碧人 (満足度4 ★★★★

23 本の町の殺人 / ローナ・バレット (満足度4 ★★★★

24 フィギュアスケート 疑惑の高得点 / 猫宮黒埜 (満足度2 ★★)<再読>

25 フィギュアスケート 銀盤の疑惑 / 猫宮黒埜 (満足度1 

26 ルーキー / 堂場瞬一 (満足度4 ★★★★

27 マリアの骨 浅草機動捜査隊 / 鳴海章 (満足度4 ★★★★

28 サイレント・ヴォイス / 佐藤青南 (満足度4 ★★★★

29 ブラック・コール / 佐藤青南 (満足度5 ★★★★★

30 吾輩は猫である(上) / 夏目漱石 (満足度3 ★★★
31 吾輩は猫である(下) / 夏目漱石

32 眠れぬイヴのために(上) / ジェフリー・ディーヴァー (満足度2.5 ★★☆)
33 眠れぬイヴのために(下) / ジェフリー・ディーヴァー

34 ST 警視庁科学特捜班 / 今野敏 (満足度4 ★★★★

35 月下天誅 浅草機動捜査隊 / 鳴海章 (満足度4 ★★★★

36 ST 毒物殺人 / 今野敏 (満足度4 ★★★★

37 刑事長 / 姉小路祐 (満足度5 ★★★★★

38 風にころがる映画もあった / 椎名誠 (満足度4 ★★★★

39 天使と悪魔(上) / ダン・ブラウン (満足度5 ★★★★★
40 天使と悪魔(中) / ダン・ブラウン
41 天使と悪魔(下) / ダン・ブラウン

42 水族館ガール / 木宮条太郎 (満足度4 ★★★★

43 書店ガール 3 託された一冊 / 碧野圭 (満足度5 ★★★★★

44 浜村渚の計算ノート 2さつめ / 青柳碧人 (満足度4 ★★★★

45 ルピナス探偵団の憂鬱 / 津原泰水 (満足度2 ★★)

46 「負け」に向き合う勇気 / 杉山茂樹 (満足度4 ★★★★

47 居眠り磐音江戸双紙 1 陽炎ノ辻 / 佐伯泰英 (満足度4 ★★★★

48 居眠り磐音江戸双紙 2 寒雷ノ坂 / 佐伯泰英 (満足度4 ★★★★

49 海を見にいく / 椎名誠 (満足度4 ★★★★

50 さいはての彼女 / 原田マハ (満足度2 ★★)

51 終わらざる夏1 / 浅田次郎 (満足度4 ★★★★
52 終わらざる夏2 / 浅田次郎
53 終わらざる夏3 / 浅田次郎

54 永遠の0 / 百田尚樹 (満足度5 ★★★★★

55 ヒゲのウヰスキー誕生す / 川又一英 (満足度3 ★★★

56 和菓子のアン / 坂木司 (満足度5 ★★★★★)<再読>

57 和菓子のアンソロジー / 坂木司 (満足度2.5 ★★☆)

58 箱館売ります1 / 富樫倫太郎 (満足度3.5 ★★★☆
59 箱館売ります2 / 富樫倫太郎

60 Nのために / 湊かなえ (満足度3.5 ★★★☆

61 ソロモンの偽証 第1部 事件(上) / 宮部みゆき (満足度4 ★★★★
62 ソロモンの偽証 第1部 事件(下) / 宮部みゆき

63 モンスター / 百田尚樹 (満足度4.5 ★★★★☆

64 駐在刑事 / 笹本稜平 (満足度2.5 ★★☆)

65 見えざる貌 / 堂場瞬一 (満足度3.5 ★★★☆

66 ソロモンの偽証 第2部 決意(上) / 宮部みゆき (満足度4 ★★★★
67 ソロモンの偽証 第2部 決意(下) / 宮部みゆき

68 ソロモンの偽証 第3部 法廷(上) / 宮部みゆき (満足度3.5 ★★★☆
69 ソロモンの偽証 第3部 法廷(下) / 宮部みゆき

70 ヒゲのウヰスキー誕生す / 川又一英 (満足度3 ★★★)<再読>

71 本屋さんのアンソロジー / 大崎梢 (満足度3 ★★★

72 北海道に僕が残したいもの / 稲葉篤紀 (満足度2.5 ★★☆)

読了    72冊(うち再読9)
購入   286冊
積読 +223冊



※ブログ内の関連記事(年間読書リスト)

2015-年間読書リスト
2014-年間読書リスト
2013-年間読書リスト
2012-年間読書リスト
2011-年間読書リスト
2010-ブログ開始からの読書リスト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。積読本が増えているんですね〜。私は基本的に読まないと次の本を買わないので、そこまで増えることはありません。でもそうなると本屋に行っていない期間が長くなって、寂しい気持ちになるので困ります。私も今年はもっと早めに感想が書けるようにしていきたいという目標を持ってがんばります!・・まあ、がんばる!ってことでもないんですけど(苦笑) 今年もよろしくお願いします。
DONA
2015/01/14 14:47
★>DONAさん
コメントありがとうございます。

積読もそうなんですが、読み終わっても本は捨てないので、基本的に蔵書が減ることがなくて、もう限界に達しています。
他の不要なものを捨ててスペースを確保することと、読んだら書くの2つが今年のテーマです。
北旅@管理人
2015/01/19 17:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
※コメントは承認制に変更いたしました。
(反映されるまでに時間がかかることがありますが、ご了承下さい。)

人気ブログランキング

画像:人気blogランキング(本・読書)へ
★ 人気ブログランキング(本・読書)に登録しています。
購読・再読・積読 2014 ポケットに文庫本を/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる