ポケットに文庫本を

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015-4月読書リスト

<<   作成日時 : 2015/04/30 22:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今月は6冊でした。相変わらず少ないです。

−−−−−

<2015-4月読書リスト>
※感想をアップしてあるものはリンクを貼ってあります。

01 野生の証明 / 森村誠一 (満足度4 ★★★★

02 動機 / 横山秀夫 (満足度2 ★★)

03 インサイド・フェイス / 佐藤青南 (満足度4.5 ★★★★☆

04 武揚伝(一) / 佐々木譲 (満足度4 ★★★★
05 武揚伝(二) / 佐々木譲

06 今宵もウイスキー / 太田和彦 (満足度2 ★★)



読了    6冊(うち再読0)
購入   12冊
積読 + 6冊


−−−−−−−−−−

※画像クリックでamazonのページへ



01 野生の証明 / 森村誠一 (満足度4 ★★★★


先月読んだ「人間の証明」と一緒に購入した「野生の証明」。すぐに読まないと永久積読になる予感がしたので、勢いで読みました。「人間の証明」と同じように、昭和の香りのする作品でしたが、まずまず楽しめました。薬師丸ひろ子のデビュー作ということで、映画もレンタルして観てみましたが、こちらは結末が全く違う「角川改悪作品」でした。

−−



02 動機 / 横山秀夫 (満足度2 ★★)

「動機」は、「64」「陰の季節」に続き、くD県警シリーズということで読みましたが、「陰の季節」で感じた嫌悪感を再び味わいました。一見、筋が通っているようで、実際には保身や身内をかばうこと正当化しているだけで、今回も全く感情移入できませんでした。

前作が合わなかったものの、すでに購入済みのシリーズ2冊を永久積読にしないように読んだのですが、あと1冊、もう「毒を食らわば皿までも」の心境で、早めに処理しようと思います。

「64」はNHKで全5回のドラマが始まり、すでに2話終了。キャストも、お笑いやジャニなどの「なんちゃって俳優」中心のものではなく、ピエール瀧もまあまあの感じで、原作の雰囲気を掴んでいると思います。願わくば、このままストーリーも原作に忠実に進んでもらいたいところですが、どうなりますか。

−−

ドラマと言えば、碧野圭の「書店ガールシリーズ」のTVドラマも始まりました。シリーズ3作は全て読了していますので(1作目のみ感想アップ済み)、自分の中でイメージは出来ていますが、主人公の1人、西岡理子役の稲森いずみは、私のイメージとは少し違いました。まあ、稲森いずみは昔のTVドラマ「ビーチ・ボーイズ」が好きで見ていたので、個人的には懐かしい感じがして悪くないです。

亜紀役は、AKB48の渡辺麻友。これは原作とはイメージが全然違うと思いますが、まあ原作も基本的にはライトな作品なので、AKB48がキャスティングされても仕方ないかなという感じはします。AKB48なんて、2、3人を除き、誰が誰だかわからない私としては、これが「まゆゆ」かと初めて認識したのですが、ま、ゴリ押しの某力さんじゃなければ、誰でもいいです。

ということで、ストーリーは原作と違うみたいだし、全体のキャストもイマイチですが、大好きな本屋さんが舞台だし(撮影はジュンク堂ですね。)、稲森いずみ目当てで見ることにします。また、ドラマに合わせ「書店ガール4」も刊行されるので、こちらも楽しみにしています。

−−



03 インサイド・フェイス / 佐藤青南 (満足度4.5 ★★★★☆

「インサイド・フェイス」は続編を期待していた「エンマ様」こと「行動心理捜査官・楯岡絵麻シリーズ」の3作目です。発売予定を知らずに書店で見つけ、狂喜しました。

人間心理の考察が好きなので今回も楽しめましたが、何か変化を付けないと長くシリーズを重ねて行くのは難しいかもしれません。個人的には好きなシリーズで、もう1、2作は読みたいと思うので、作者の工夫に期待したいと思います。

−−

 

04 武揚伝(一) / 佐々木譲 (満足度4 ★★★★
05 武揚伝(二) / 佐々木譲


「武揚伝」は、幕末に活躍した榎本武揚を描いた歴史小説で、作者は何と、あの佐々木譲です。

札幌に住んでいた私ですが、東京へ戻った今でも、時々北海道を訪れています。北海道へ行く時は、行く先に関係のある本を読むことにしているのですが、今月、仕事で函館に行く機会があったので、クライマックスの舞台が「五稜郭」であるこの作品を持っていきました。

「武揚伝」は全4冊からなる大作で、今月はその前半部分しか読めませんでしたが、実際に函館が舞台となるのは後半部分なので、5月は、遠く函館を思いながら後半を読みたいと思います。

−−



06 今宵もウイスキー / 太田和彦 (満足度2 ★★)

ウイスキーが好きなので、読書しながら飲むことも多いのですが、NHKの「マッサン」の影響で、ウイスキーをテーマにした出版物も多くなりました。「今宵もウイスキー」は、ウイスキーに関する短編を集めたものですが、椎名誠のものが収録されているので買ってみました。

が、ただの寄せ集め作品集という感じで、全く面白くありませんでした。これは失敗でした。

−−

ということで、今月は以上です、5月は休みも多いし、できれば感想をアップしたいですね。



※ブログ内の関連記事(2015-月間読書リスト)

2015-01月読書リスト
2015-02月読書リスト
2015-03月読書リスト
2015-04月読書リスト
2015-05月読書リスト
2015-06月読書リスト
2015-07月読書リスト
2015-08月読書リスト
2015-09月読書リスト
2015-10月読書リスト
2015-11月読書リスト
2015-12月読書リスト


※ブログランキング(本・読書)に登録しています。
画像:人気blogランキング(本・読書)へ
↑↑読書ライフの参考になりましたら、応援のクリックをお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
※コメントは承認制に変更いたしました。
(反映されるまでに時間がかかることがありますが、ご了承下さい。)

人気ブログランキング

画像:人気blogランキング(本・読書)へ
★ 人気ブログランキング(本・読書)に登録しています。
2015-4月読書リスト ポケットに文庫本を/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる