卍の殺人 (今邑 彩)

満足度5 ★★★★★ 創元推理文庫 初出版 1989年 読んだ回数 1回 ★ 創元推理文庫-裏表紙の紹介文 その邸はふたつの長い棟が卍形に組み合っていた。住人も建物同様にふたつの家族に分かれて、微妙な関係を保つ。亮子はこの邸を恋人の安東と共に訪れた。安東はここに住む従妹との結婚を断り独立…
コメント:2

続きを読むread more

8年 (堂場瞬一)

満足度4 ★★★★ 集英社文庫 初出版 2001年 読んだ回数 2回 ★ 集英社文庫-裏表紙の紹介文 オリンピックで華々しい活躍をし、当然プロ入りを期待されたが、ある理由から野球を捨ててしまった投手・藤原雄大。8年後、30歳を過ぎた彼は、突然、ニューヨークのメジャー球団に入団する。あの男…
コメント:0

続きを読むread more

犯人にされたくない (パーネル・ホール)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ・ミステリ文庫 原題 MURDER 翻訳者 田中一江 初出版 1987年 読んだ回数 2回 ★ ハヤカワ・ミステリ文庫-裏表紙の紹介文 私立の幼稚園に息子が入ってしまったのだ。もとのもくあみ、授業料のためにわたしは探偵事務所に戻るはめになり、そしてまた事件に巻き込…
コメント:0

続きを読むread more

絶叫 (リンダ・フェアスタイン)

満足度2 ★★ ハヤカワ・ミステリ文庫 原題 Likely to Die 翻訳 平井イサク 初出版 1997年 読んだ回数 1回 ★ ハヤカワ・ミステリ文庫-裏表紙の紹介文 マンハッタンの巨大病院で、女医が暴行された上、惨殺された。現場へ急行した女性検事補アレックスだったが、病院は警備が甘く、外部の…
コメント:0

続きを読むread more

秘密機関 (アガサ・クリスティー / トミーとタペンス)

満足度3.5 ★★★☆ ハヤカワ・クリスティー文庫 原題 The Secret Adversary 翻訳 嵯峨静江(旧版 田村隆一) 初出版 1922年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ・クリスティー文庫-裏表紙の紹介文 戦争も終わり平和が戻ったロンドンで再開した幼なじみのトミーとタペ…
コメント:0

続きを読むread more

証拠死体 (パトリシア・コーンウェル)

満足度3 ★★★ 講談社文庫 原題 BODY OF EVIDENCE 翻訳者 相原真理子 初出版 1991年 読んだ回数 1回 ★ 講談社文庫-裏表紙の紹介文 残された傷跡は、美人の売れっ子作家ベリル・マディソンが必死で抗い、命乞いをしながら死んでいったことを物語っていた。殺人犯の待つリッチ…
コメント:2

続きを読むread more

警察庁から来た男 (佐々木 譲)

満足度4 ★★★★ ハルキ文庫 初出版 2006年 読んだ回数 2回 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警視庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。一方、札幌大通署の…
コメント:2

続きを読むread more

流れついた街 (T・ジェファーソン・パーカー)

満足度1 ★ 文春文庫 原題 LITTLE SAIGON 翻訳 染田屋 茂 初出版 1988年 読んだ回数 1回 ★ 文春文庫-裏表紙の紹介文 サーファーが群れ、潮風が吹き渡るラグナ・ビーチのすぐ近くというのに、風景まで一変して、ヴェトナム難民10万人が住みついた町がある。人呼んで“リトル・…
コメント:0

続きを読むread more