テーマ:今邑 彩

<訃報>今邑彩さんが亡くなられました。

ミステリー作家の今邑彩(いまむら・あや=本名今井恵子=いまい・けいこ)さんが、病気のため東京都内の自宅で死去していたことが16日、分かった。57歳。 長野県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は兄今井哲夫(いまい・てつお)氏。6日に自宅で倒れたまま亡くなっているのが発見された。約2年前から乳がんを患い、2月上旬に死去したとみら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラディ・ローズ (今邑 綾)

満足度3.5 ★★★☆ 創元推理文庫 初出版 1990年 読んだ回数 1回 ★ 創元推理文庫-裏表紙の紹介文 美しい薔薇園に包まれた邸に相澤花梨は嫁いだ。二番目の妻良江が謎の死をとげた直後。邸には主の苑田俊春のほか、足の悪い妹、家政婦、お手伝い、園長が住む。最初の妻雪子への思慕が邸内に満ちる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今邑彩 「卍の殺人」復刊!

私が良く行く書店の一角。 ここには、今邑彩の「ルームメイト」が、例の「騙される準備できました?」のPOPと共に置かれているのですが、かなり長い間、ここに置かれていて、もはや「定位置」と化した感があります。 いつしか、この書店に来ると、それとなく、まだ置かれているかどうか確認するようになったのですが、ある日、いつものよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

i(アイ)鏡に消えた殺人者 (今邑 彩)

満足度2.5 ★★☆ 光文社文庫 初出版 1990年 読んだ回数 1回 ★ 光文社文庫-裏表紙の紹介文 作家・砂村悦子が殺された密室状態の部屋には、鏡の前で途絶える足跡の血痕が。残された原稿には、「鏡」にまつわる作家自身の恐怖が自伝的小説として書かれていた。鏡のなかから見つめているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卍の殺人 (今邑 彩)

満足度5 ★★★★★ 創元推理文庫 初出版 1989年 読んだ回数 1回 ★ 創元推理文庫-裏表紙の紹介文 その邸はふたつの長い棟が卍形に組み合っていた。住人も建物同様にふたつの家族に分かれて、微妙な関係を保つ。亮子はこの邸を恋人の安東と共に訪れた。安東はここに住む従妹との結婚を断り独立…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルームメイト (今邑 彩)

満足度5 ★★★★★ 中公文庫 初出版 1997年 読んだ回数 1回 ★ 中公文庫-裏表紙の紹介文 私は彼女の事を何も知らなかったのか……? 大学へ通うために上京してきた春海は、京都からきた麗子と出逢う。互いを干渉しない約束で始めた共同生活は快適だったが、麗子はやがて失踪、跡を追ううち、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今邑彩 / 著作リスト

今邑彩の著作リストです。 シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。 (文庫があるものは文庫、無いものは単行本) 本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、 本棚下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。 ★の色は私の満足度で、 ★は、最高に面白かった!大満足! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more