テーマ:椎名誠

岳物語 / 続 岳物語 (椎名誠)

満足度5 ★★★★★ 集英社文庫 初出版 1985(正編)、1986年(続編) 読んだ回数 3回 ★ 集英社文庫-裏表紙の紹介文 山登りの好きな両親が山岳の岳から名付けた、シーナ家の長男・岳少年。坊主頭でプロレス技もスルドクきまり、ケンカはめっぽう強い。自分の小遣いで道具を揃え、身もココロもすっかり釣りに奪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球どこでも不思議旅 (椎名誠)

満足度3 ★★★ 集英社文庫 初出版 1982年 読んだ回数 1回 ★ 集英社文庫-裏表紙の紹介文 ある日ふと“真実のラーメン”を求めて中国シルクロードをさまよい、踵を返し一路、プロレス王国メキシコへ飛ぶ。“演歌のルーツ”は竜飛岬。“うどんの本場”は四国の讃岐。“神サマのメッカ”は京都に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀愁の町に霧が降るのだ (椎名誠)

満足度5 ★★★★★ 新潮文庫 初出版 1981~2年 読んだ回数 3回 ★ 新潮文庫-裏表紙の紹介文 脚本学校に通い、小さな雑誌社でアルバイトをしている椎名誠、大学生の沢野ひとし、弁護士をめざす木村晋介、唯一の給料取りイサオ。東京のはずれ、江戸川区小岩の中川放水ル近くにあるアパート〈克己荘〉の、昼でも陽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分はだぼだぼソース (椎名 誠)

満足度3 ★★★ 新潮文庫 初出版 1980年 読んだ回数 3回 ★新潮文庫-裏表紙の紹介文 世の中、不思議なことは沢山あるもんである。なぜ電卓付きの腕時計というものが存在するのか? ラブホテルはどうしてあんなカタチをしているのか? 公衆便所の鏡はなぜステンレスなのか? 日本の結婚式がかくも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わしらは怪しい探検隊 (椎名 誠)

満足度4 ★★★★ 角川文庫 初出版 1980年 読んだ回数 3回 ★ 角川文庫-裏表紙の紹介文 離島でのきつい天幕生活に挑む会「東日本何でもケトばす会」の、結成当時の行状記。椎名隊長ほか隊員たちの個性が光る、前代未聞の面白さ! 酒と食糧の大移動、テント張り、かまど設置、ゴミの穴ほり、蚊の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば国分寺書店のオババ (椎名 誠)

満足度4 ★★★★ 新潮文庫 初出版 1979年11月 読んだ回数 2回 ★ 新潮文庫 裏表紙の紹介文 今をさること?年前。全身に正しい怒りのパワーをみなぎらせた一人の男がいた。やたらとケンカっぱやく。世にはびこる制服を憎悪し、甲子園球児と古本屋に正義の眼差しをぶつけていた彼は、やがて一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椎名誠 / 著作リスト

椎名誠の著作リストです。 シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。 本棚の画像をクリックすると、Amazonへ、 本棚下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。 ★の色は私の満足度で、 ★は、最高に面白かった!大満足! ●は、かなり面白かった!満足! ▲は、普通に面白かった。まあ満足 ▼は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more