テーマ:東 直己

熾火 (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハルキ文庫 初出版 2004年 読んだ回数 2回 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 私立探偵・畝原は、足許に突然縋りついてきた少女に驚きを隠せなかった。彼女は血塗れで、体中が傷ついていたのだ―。言葉も発することなく意識を失った少女。だが、収容先の病院で、少女を狙ったと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駆けてきた少女 (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1994年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文 ちょっとした行き違いからガキに腹を刺されて入院した〈俺〉は、見舞いにきた自称「霊能力者」こと濱谷のオバチャンの依頼で、女子高生の家庭調査を引き受けるハメに。軽い気持ちで手を付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ススキノ、ハーフボイルド (東 直己)

満足度4 ★★★★ 双葉文庫 初出版 2003年 読んだ回数 3回 ★ 双葉文庫-裏表紙の紹介文 松井省吾は高校3年生の受験生だ。夜のススキノで働く真麻という素敵な彼女もいる。客引きのアキラさんや土建屋社長の千葉さんなど友人も増え、最近ようやくススキノが“自分の街”になってきたところだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れる砂 (東 直己)

満足度5 ★★★★★ ハルキ文庫 初出版 1999年 読んだ回数 2回 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 私立探偵・畝原の受けた依頼は、些細なマンションの苦情だった。女子高生を部屋へ連れ込む区役所職員の調査の中で畝原は彼の父親が、口を封じるように息子を殺して心中する現場に遭遇してしまう。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた少年 (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1994年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文 学校では問題児扱いだが、映画が大好きな中学生、翔一と知り合い意気投合した〈俺〉。ところが、翔一の親友が惨殺死体で発見され、一緒にいたはずの彼も行方不明になってしまった。変質者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリージア (東 直己)

満足度5 ★★★★★ ハルキ文庫 初出版 1995年 読んだ回数 3回目 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 過去を隠し、人目を避けて山奥で暮らす榊原健三の許に、かつての暴力団仲間が現れた。その男が見せた数枚の写真には、髪型をかえて容貌が変わったが、健三が決して見間違うはずのない多恵子の姿が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半端者(はんぱもん) (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 2011年 読んだ回数 1回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文 授業にも出ないで昼間から酒を飲み、思い通りにならない現実に悩みながらも、また酒を飲む。ひょんなことから知り合った謎のフィリピン女性、フェ・マリーンと恋に落ちた大学生の〈俺〉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待っていた女・渇き (東 直己)

満足度5 ★★★★★ ハルキ文庫 初出版 待っていた女-1995年 初出版 渇き-1996年 読んだ回数 3回 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 八年前、卑劣な罠で新聞記者を追われた畝原(うねはら)は、以来探偵として一人娘の冴香を養ってきた。ある日、畝原は娘の通う学童保育所で美貌のデザイナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーにかかってきた電話 (東 直己)

満足度5 ★★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1993年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文-裏表紙の紹介文 いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた〈俺〉は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け、相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じなが…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

探偵はバーにいる (東 直己)

満足度3 ★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1992年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA 裏表紙の紹介文 札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする〈俺〉は、いつものようにバーの扉をあけたが……今夜待っていたのは大学の後輩。同棲している彼女が帰ってこないという。どうせ大したことあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東直己 / 著作リスト

東直己の著作リストです。 シリーズ等で分類してまとめてあります。 本の画像は、文庫があるものは文庫、無いものは単行本を表示。 画像をクリックするとAmazonのページ、 画像下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。 ★の色は私の満足度で、 ★は、最高に面白かった!大満足! ●は、かなり面白か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more