テーマ:<俺>シリーズ

駆けてきた少女 (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1994年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文 ちょっとした行き違いからガキに腹を刺されて入院した〈俺〉は、見舞いにきた自称「霊能力者」こと濱谷のオバチャンの依頼で、女子高生の家庭調査を引き受けるハメに。軽い気持ちで手を付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えた少年 (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1994年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文 学校では問題児扱いだが、映画が大好きな中学生、翔一と知り合い意気投合した〈俺〉。ところが、翔一の親友が惨殺死体で発見され、一緒にいたはずの彼も行方不明になってしまった。変質者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半端者(はんぱもん) (東 直己)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 2011年 読んだ回数 1回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文 授業にも出ないで昼間から酒を飲み、思い通りにならない現実に悩みながらも、また酒を飲む。ひょんなことから知り合った謎のフィリピン女性、フェ・マリーンと恋に落ちた大学生の〈俺〉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーにかかってきた電話 (東 直己)

満足度5 ★★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1993年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文-裏表紙の紹介文 いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた〈俺〉は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け、相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じなが…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

探偵はバーにいる (東 直己)

満足度3 ★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1992年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA 裏表紙の紹介文 札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする〈俺〉は、いつものようにバーの扉をあけたが……今夜待っていたのは大学の後輩。同棲している彼女が帰ってこないという。どうせ大したことあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more