テーマ:ジェフ・アボット

図書館の親子 (ジェフ・アボット)

満足度4.5 ★★★★ ハヤカワ/ミステリアス・プレス文庫 原題 PROMISS OF HOME 翻訳 佐藤耕士 初出版 1996年 読んだ回数 1回 ★ ミステリアス・プレス文庫-裏表紙の紹介文 突然姿を消したまま行方知れずになっていた姉の夫が帰ってきた。図書館の館長ジョーダンは驚くと同時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならの接吻 (ジェフ・アボット)

満足度3 ★★★ ハヤカワ・ミステリ文庫 原題 A Kiss Gone Bad 翻訳 吉澤康子 初出版 2001年 読んだ回数 1回 ★ ハヤカワ・ミステリ文庫-裏表紙の紹介文 犯罪のない町ポートレオでは、判事の仕事も気楽なもの。だから最近までアルバイトを転々としていた青年モーズリーが判事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館の美女 (ジェフ・アボット)

満足度2.5 ★★☆ ハヤカワ/ミステリアス・プレス文庫 原題 The Only Good Yankee 翻訳 佐藤耕士 初出版 1995年 読んだ回数 1回 ★ ミステリアス・プレス文庫-裏表紙の紹介文 ミラボーの町で、犬小屋や郵便受けが連続して爆破される事件が発生した。運悪く現場に居合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館の死体 (ジェフ・アボット)

満足度4 ★★★★ ハヤカワ/ミステリアス・プレス文庫 原題 DO UNTO OTHERS 翻訳者 佐藤耕士 初出版 1994年 読んだ回数 2.5回目 ★ ミステリアス・プレス文庫 裏表紙の紹介文 若くして図書館の館長を務めるジョーダン・ポティートは、わが身の不運を嘆いた。自分の図書館…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジェフ・アボット / 著作リスト

ジェフ・アボットの著作リストです。 シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。 本棚の画像をクリックすると、Amazonへ、 本棚下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。 ★の色は私の満足度で、 ★は、最高に楽しめた!大満足! ★は、かなり楽しめた!満足! ★は、普通に楽しめた。まあ満足 ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more