わしらは怪しい探検隊 (椎名 誠)

満足度4 ★★★★ 角川文庫 初出版 1980年 読んだ回数 3回 ★ 角川文庫-裏表紙の紹介文 離島でのきつい天幕生活に挑む会「東日本何でもケトばす会」の、結成当時の行状記。椎名隊長ほか隊員たちの個性が光る、前代未聞の面白さ! 酒と食糧の大移動、テント張り、かまど設置、ゴミの穴ほり、蚊の大…
コメント:0

続きを読むread more

風紋 (乃南アサ)

満足度5 ★★★★★ 双葉文庫 初出版 1994年 読んだ回数 1回 ★ 双葉文庫-裏表紙と帯の紹介文 平凡な家庭の主婦が殺された。押し寄せるマスコミ。暴かれる被害者と加害者の家族の秘密。――ある殺人事件に巻き込まれた人々の淪落と再生の物語。 犯罪被害者に限定して言えば、事件の加害者となった人間以外は…
コメント:2

続きを読むread more

バーにかかってきた電話 (東 直己)

満足度5 ★★★★★ ハヤカワ文庫JA 初出版 1993年 読んだ回数 3回 ★ ハヤカワ文庫JA-裏表紙の紹介文-裏表紙の紹介文 いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた〈俺〉は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け、相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じなが…
コメント:13

続きを読むread more

白銀ジャック (東野圭吾)

満足度4 ★★★★ 実業之日本社文庫 初出版 2010年 読んだ回数 1回 ★ 実業之日本社文庫-裏表紙の紹介文 ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――「我々は、いつ、どこからでも爆破できる。」 年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中で…
コメント:0

続きを読むread more

毒猿 新宿鮫Ⅱ (大沢在昌)

満足度5 ★★★★★ 光文社文庫 初出版 1991年 読んだ回数 3回 ★ 光文社文庫-裏表紙の紹介文 歌舞伎町の女・奈美。孤独な彼女が心惹かれる外国人・楊は、謎の影を持つ男だった。一方、「新宿鮫」と恐れられる新宿署刑事・鮫島は、完璧な「職業兇手」(殺し屋)が台湾から潜入していることを…
コメント:2

続きを読むread more