テーマ:佐々木 譲

警官の条件 (佐々木 譲)

満足度4.5 ★★★★☆ 新潮文庫 初出版 2011年 読んだ回数 1回 ★ 新潮文庫-裏表紙の紹介文 警部に昇任し、組織犯罪対策部第一課の係長に抜擢された、安城和也。彼は自らのチームを指揮し、覚醒剤の新たな流通ルートを解明しようと奮闘していたが、過程で重大な失策を犯してしまう。重苦しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴雪圏 (佐々木 譲)

満足度5 ★★★★★ 新潮文庫 初出版 2007年 読んだ回数 2回 ★ 新潮文庫-裏表紙の紹介文 三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。不倫関係の清算を願う主婦。組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。義父を憎み、家出した女子高生。事務所から大金を持ち逃げした会社員。人びとの運命はや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

制服捜査 (佐々木 譲)

満足度4.5 ★★★★☆ 新潮文庫 初出版 2007年 読んだ回数 2回 ★ 新潮文庫-裏表紙の紹介文 札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。十勝平野に所在する農村。ここでは重大な犯罪など起きない、はずだった。だが、町の荒廃を宿す幾つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警官の血 (佐々木 譲)

満足度5 ★★★★★ 新潮文庫 初出版 2007年 読んだ回数 2回 ★ 新潮文庫-裏表紙の紹介文 昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。人情味溢れる駐在だった。だが、五重塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

警察庁から来た男 (佐々木 譲)

満足度4 ★★★★ ハルキ文庫 初出版 2006年 読んだ回数 2回 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警視庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。一方、札幌大通署の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うたう警官 / 笑う警官 (佐々木譲)

満足度3.5 ★★★☆ ハルキ文庫 初出版 2004年 読んだ回数 2回 ★ ハルキ文庫-裏表紙の紹介文 札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐々木譲 / 著作リスト

佐々木譲の著作リストです。 シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。 本棚の画像をクリックすると、Amazonへ、 本棚下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが開きます。 ★の色は私の満足度で、 ★は、最高に面白かった!大満足! ●は、かなり面白かった!満足! ▲は、普通に面白かった。まあ満足 ▼は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more